妊婦と胎児に安全なマッサージ『マタニティ指圧』『産後ケア』オリンピック選手も支持する『スポーツ指圧』が評判!「肩こり・腰痛・頭痛・関節痛・スポーツ障害・妊娠中の不調・産後の骨盤歪などに」銀座と川口で36年の信頼と実績【YOURシアツセンター】

マタニティcare

経絡careは閉店いたしました。YOURシアツセンターの「マタニティ指圧」ご利用ください。

■マタニティcareとは

photo_maternity妊娠中のつらい症状を緩和し、胎児にも良い影響を与え、出産も楽になるケアです。
マタニティケアは胎児に負担をかけない、上向き・横向きで、気血(気の流れ+血液循環)を整えます。気血が良くなることで、肩・背中・腰の痛み、足のむくみ、便秘、頭痛、イライライなどの症状を緩和することができます。
また、母体の気血は胎児にも流れていくため、健康な気血を与えることで胎児もより元気になります。
大切な赤ちゃんのためにも、妊婦さん全てにお薦めしたいケアです。
※妊娠時期に合わせた施術を行いますので、妊娠初期~出産直前まで妊娠期間中はいつでも「マタニティcare」を受けることができます。

■マタニティケア40分
………4,000円(税抜)
■マタニティケア60分
………6,000円(税抜)

■マタニティcareで緩和できる妊娠中の主な症状

<妊娠初期 ~4ヶ月>

■イライラ

ホルモンのバランスが急激に変化する(妊娠の継続に必要な黄体ホルモンの分泌量が増える)
ことが原因で、イライラを感じます。

■ストレス

体調の変化による情緒不安定からストレスを感じます。

■めまい・立ちくらみ

ホルモンの変化・自律神経のバランスの変化により、めまい・立ちくらみが起こります。

■肌荒れ・吹き出物

黄体ホルモンの分泌が多い高温相が続くので、肌が荒れ・吹き出物が出たりします。

■便秘・下痢

ホルモンの影響で腸の働きが低下するため、便秘・下痢などを起こします。
また、徐々に子宮が大きくなり腸を圧迫するため、便秘が悪化しやすくなります。

■足の付け根の痛み

子宮が上に向かって大きくなるので、子宮と骨盤をつなぐ靭帯が引っ張られ、足の付け根辺りが痛みます。

<妊娠中期5ヶ月~7ヶ月>

■腹痛

お腹が大きくなるに従い腰に負担がかかり腰痛が起こりやすくなります。
また、ホルモンの影響により背骨の関節や靭帯がゆるみ、骨盤が不安定になることも原因です。

■肩こり・頭痛

お腹が大きくなり乳房が張ることで肩が凝りやすくなります。この肩こりが原因で頭痛を引き起こすこともあります。

■足がつる

お腹が大きくなると血管が圧迫され、下半身の血液循環が悪くなり足がつりやすくなります。

<妊娠後期8ヶ月~10ヶ月>

■むくみ

体の水分が増え、さらにお腹が圧迫されて下半身の血液循環が悪くなるため足などがむくみやすくなります。

■恥骨・股関節の痛み

出産が近づくと胎児が骨盤内に下がってくるため、恥骨が圧迫されて恥骨に痛みを感じます。
また、出産に備えて股関節が緩んでくるため、股関節に痛みを感じます。

ご予約はお電話で受付しております TEL 銀座店:03-3547-6036 / 川口店:048-224-4988 銀座店/受付時間10:00-21:00 川口店/受付時間9:00-21:00

PAGETOP
Copyright © YOURシアツセンター All Rights Reserved.